Universal Translator

Universal Translator 2.0.1

Google翻訳と連動し50以上の言語に対応!単語のほか文章も認識できる翻訳アプリ

Universal Translator(ユニバーサル トランスレーター)は、英語、フランス語、イタリア語など50以上の言語に対応した翻訳アプリです。単語のみならず文章の翻訳もできるので、ビジネスでの利用はもちろん、プライベートの旅行前などに、よく使う言葉や自己紹介などを予め練習するにもぴったりです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 50の言語をサポートしている
  • 文章の翻訳もできる
  • いくつかの言語は音声サポートもある

反対票

  • オフラインでは作動しない

良い
7

Universal Translator(ユニバーサル トランスレーター)は、英語、フランス語、イタリア語など50以上の言語に対応した翻訳アプリです。単語のみならず文章の翻訳もできるので、ビジネスでの利用はもちろん、プライベートの旅行前などに、よく使う言葉や自己紹介などを予め練習するにもぴったりです。

Universal Translatorを起動すると、2段に分かれたシンプルなウィンドウが現れます。まずは一番上のボタンで元の言語と翻訳したい言語を選びましょう。あとは上のボックスに元の言語を入力すると下のウィンドウに翻訳結果が表示されます。動作もスピーディーで翻訳結果はすぐに表示されます。いくつかの言語では発音の音声サポートもされているので、文章で覚えるだけでなくスピーキングやヒアリングの練習にも役立ちます。

Universal Translatorには辞書機能も搭載されており、左側のタブで切り替えができます。調べたい単語を入力すると、音節の区切り、発音表記、単語の意味が表示されます。例えば英語の場合などは英英辞典のように使うことができるので、うろ覚えだった単語の意味やニュアンスなどはこちらで確認しましょう。

Universal Translatorは優れた翻訳アプリですが、Google翻訳の検索エンジンを利用しているため、利用にはインターネットに接続できる環境が必要です。もしオフラインでも外国語の勉強をしたいという場合には、8か国の言語で簡単な挨拶などが学べるiiimondo80-世界を旅する言語-があります。

Universal Translatorは多くの言語に対応した翻訳アプリです。ブラウザーを起動してGoogle翻訳や辞書サイトにアクセスするよりも早く単語や文章の意味を調べることができます。なかにはマケドニア語、スワヒリ語といった馴染みのない言語もあるので、国ごとの表現の違いを見比べてみるのも面白いでしょう。

Universal Translator

ダウンロード

Universal Translator 2.0.1